キャンプ

初めてテント選ぶならドーム型テントにすべし!【未経験者や初心者のテント選び】

テント

こんにちは、こんばんは!

じゅんじです。

今回は最初に買うべきテントはドーム型が断然オススメというお話。

私が最初に買ったテントもドーム型です。

テントってたくさん種類あるからわからない。そんな経験ありませんか?

大きさや形が違うなら設営の仕方も違うし、もう何から手を付けていいかわからない…

最初にどのテントを選べばいいか悩んでる方に、ドームテントをオススメする理由を解説していきます!

この記事を読んでわかること

  • キャンプ初心者が最初に買うべきテントがわかる
  • ドームテントの特徴、メリットデメリットがわかる
  • ドームテントの汎用性の高さがわかる

それでは詳しく見ていきましょう。

ドームテントとは?

そもそもドームテントとはどういうもの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

2nd OUTDOOR/セカンドアウトドアさん(@2ndoutdoor_official)がシェアした投稿

その名の通り、ドームの形をしたテントのことを指します。

 

 

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプブロガー@クワーク永瀬さん(@kwacuc)がシェアした投稿

 

 

一口にドームテントと言ってもサイズや形などバリエーションは様々。こちらはThe North Faceの広々な大人数向けテント。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みずのみさん(@mizunomi6500)がシェアした投稿

一方こちらはsnowpeakのアメニティドーム。サイズがS・M・Lから選べて、タープ付きのエントリーパックが人気です。 ドームテントは定番なのでColeman、Snoepeak、North face など各社から販売されていて実にバリエーション豊富なんです。

ドーム型テントのメリット

それではドーム型テントのメリットについて、いくつかあるので詳しく解説します。

ドームテントはテント内が広い

 

テントを建ててみよう

テント内が広いことはドーム型一番のメリット。2本のポールをクロスさせてスリーブに通すことで、テントが立ち上がる構造(スリーブ式)となってます。

また、2本のポールに吊り下げるタイプもあります。 2本のポールをクロスしていることで、最小限のポール本数で広々とした室内空間を作ってくれる合理的な構造がドーム型テントの魅力。

ドームテントは風に強い!

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2nd OUTDOOR/セカンドアウトドアさん(@2ndoutdoor_official)がシェアした投稿

 

 

ドーム型テントは、遠くから見ると半球体のような形をしています。

 

元々ドーム型は山岳用に採用されていた形。想像したらお分かりですが、ドーム型テントのなかでも高さが低くなるほど風に強いのです。

当然、居住性や快適性を求めて大きくなっていっていて、大きいもの(高さのあるもの)になるほど風には風の影響は受けやすくなります。

ドームテントは風の影響を受けにくく、背の低いものはより影響を受けにくく、風に強い

正直、初心者で大きいサイズを買う人はいないと思いますし、強風の中でキャンプする前提ではないので、そこまで気にしなくていいかも。

それでも風が強くて不安な時は?

ロープワークとペグ打ちをしっかりすることが大事。

テントにロープをくくり付け、テントの幕がシワにならぬよう、ピシッと張る。そうすることでたわみや余った幕が風でバタつかなくなります

 

この投稿をInstagramで見る

 

matsu madoさん(@toypoo_camper)がシェアした投稿

 

ペグ打ちをしっかりすることで、見た目もスッキリしてかっこよく見えます。ペグ選びも時には大事になってくるので関連記事も参考にして下さい。

関連記事【基本】ペグの重要性

ドームテントサイズも色々!

ドームテントのバリエーションはかなり豊富。コールマンを例にとってあげてみます。

タフドーム4〜5人用!

こちらは、少しワイドになった4~6人用!

人数に合わせてテントを選ぶわけなんですが、選ぶ際のポイントとしては使う人数+1人用を選ぶこと

荷物や貴重品など、テント内に入れておきたいものって必ずあります。だから、荷物をテント内に置いておくために、余裕を持って+1人用の少し大きなテントを選ぶのがおすすめ。

サイズ選ぶ時の注意点としては、同じサイズのテントであったとしても各社メーカーによって「◯人用」の表記が違うこと

実際2人で丁度良くても「3人用」と表記してあったりすることがよくあることなので、人数表記だけではなく、サイズを確認が必須です。

だから+1人の大きさで少し大きなテントを買うのをおすすめしているのです。(登山などテントが大きくて不便な場合を除く)

実際、私も2人でキャンプに行きますが、テント自体は2~3人用のテントです。

最初はドームテントにすべき私の主張

ドーム型テントは、使い勝手がいい安定感のあるテントなので、迷ってるならドーム型を選ぶのが無難なんです。

ドーム型テントのメリットは、前室やキャノピーが使えるので、テントで一通りのキャンプ体験ができる。そして次に買うべきテントがイメージしやすい

テントの「前室」の説明イラスト テントのキャノピー部分を説明しているイラスト

テントの前室・キャノピーについて

前室は荷物を置いたり、靴を置くなど、玄関代わり。

テントの正面の幕を開いてポールを2本立てることでひさし=キャノピーができる。

このひさしが屋根となり、雨が降ってもひさしの下で過ごすことができるのです。

タープがなくても、キャノピーがタープ代わりになるということです。

まず定番のドームテントを使ってみて、「もっと前室が広いのがいい」「キャノピー狭いからタープが欲しい」「キャノピーじゃなくて、むしろ大きいシェルターに変えてリビングスペース大きくしたい」とかもっとこうしたい、ああしたいと思う部分が出てきます。

 

「良くも悪くも初心者用」とは

「良くも悪くも初心者用」と前述したので、その件についての余談を話します。

なんでかってキャンパーの皆さん、キャンプに行く回数が多くなるに連れて、キャンプスタイルを追求し始めます

テントをシェルターに変えてカンガルースタイルにしてみたり、タープテントに変えてリビングスペースをアレンジしてみたり…。

つまり、ドームテントはオーソドックスで使いやすいけど、キャンプを重ねた経験者からしたら物足りなく感じるだろうということ。

ここで余談ですが、私のキャンプ遍歴を話します。

  1. 最初にコールマンのタフドームを買う
  2. キャンプにハマる
  3. ドームテントの前室を駆使し始める
  4. 雨の日にキャノピーだけでは狭くて限界を感じる
  5. タープを買う
  6. テントとタープを組み合せるスタイル確立
  7. タープ以上の安心感を求め始める
  8. Colemanのテントに飽きてくる
  9. snowpeakのリビングシェルを買う

 

私はベーシックなテントを1つあれば事足りると思ってたので、コールマンのタフドームで約2年キャンプし続けてきました。2年で15~20回くらい使ってます。さすがに2年同じの使ってたら飽きて、スノーピークのリビングシェルを買いました。

2年が長いか短いかわかりませんが、テントは家のようなものです。正直テントってそんなに買い替えたり、バンバン増やすものではないので、ある程度の期間使ってみないと良さはわからないですよね。

また、テントもピンキリなので、妥協してそこそこ高いテント買うよりは、最初は安いドーム型テント使ってみて様子見がいいです。

snowpeakの「エントリーパック」は品質の良いものがセットで買えて良いですが、あまりわからない状態で最初から高いやつ選ぶのはリスキーなので最初は割り切って安いやつでいいと思います。

まとめ

長くなりましたが、前述してきた内容をまとめます。

ドームテントのメリット

  • テントの室内が広め
  • 風に強い
  • 各社バリエーションが豊富

申し訳ないんですが、本当にデメリットが見当たらなかったです。なのでこの記事を書いてて「最初に買うならやっぱりドームテントだよなぁ」と再認識させられました。

そうはいっても好みの形やデザイン、理想のキャンプスタイルがあると思いますので候補の1つとしてドーム型を選択肢に入れてください。

ぜひこれからキャンプ始める方はいかがでしょうか。

とりあえずブランドネームこだわらず最初はコスパで選んでみては、買ったら楽しいキャンプライフが待ってますよ!

じゅんじ

 

記事内のオススメ

 

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。