キャンプ

キャンプに何着て行く?【秋〜冬】キャンプファッション

こんにちは、こんばんは!

じゅんじ
じゅんじ
キャンプブロガーのじゅんじです。

今回は、キャンプに何着て行く?という話。

この記事でわかること

  • 寒い時期のキャンプの服装がわかる
  • キャンプにオススメの服がわかる
  • キャンプに着るオススメの素材がわかる

ぜひ最後まで宜しくどうぞ。

キャンプに何着て行く?

この日は、11月中旬。

気温は、最低気温5℃、最高気温18℃。

基本的にキャンプでは重ね着ベースで考えて

山は街より、寒暖差が激しいです。特に朝と夜がとにかく寒い。

寒暖差があるということを念頭に置いて、キャンプでは基本的に重ね着をベースとして考えていきましょう。

この日のトップスに着てるのは4枚。

  • インナー(薄手のウール)
  • タートルネック(薄手のウール)
  • シャツ(薄手のウール)
  • シャツ(厚手のコットン)

 

おそらくキャンプ場に着いて〜設営する時は昼間の時間帯が多いですよね。

昼は比較的暖かいので、シャツの脱ぎ着で体温調節をしようってことです。

じゅんじ
じゅんじ
真冬は昼でも寒いですが

キャンプのアウターはダウンジャケットを着るべし

夜と朝(明け方〜早朝)はかなり冷え込むので、上からダウンジャケットジャケットを羽織るのがオススメ。

私は、古着のダウンジャケットをキャンプ用として、割り切って安いのを探しましたよ。

ちなみに90年代のエルエルビーン、made in usaです。

とにかく何枚も重ね着してれば、脱ぎ着で体温調節が出来るのでどうにでもなります。

そしてダウンジャケットという最後の切り札を持ちましょう。

じゅんじ
じゅんじ
寒くなっても、まだダウンジャケットがある安心感は半端ないです

キャンプで穿くパンツはウール素材がオススメ

寒い時期にキャンプで穿くパンツは、ウール素材がオススメ。

写真の赤黒チェックは、50年代のハンティングパンツです。

ウールパンツは暖かく、天然素材なので、たとえ焚き火の火の粉が多少飛んでも大丈夫

化繊の服(ゴアテックス等)は火ですぐに燃えてしまいますが、ウールやコットンなど天然繊維であば、比較的燃えにくい。

だから、寒い時期のキャンプでは、ウールパンツをオススメしました。

特に雨上がりや、朝方は湿気が高く、焚き火で薪を燃やすとパチパチと音が立ちます。その音が聞こえたら、火の粉が飛ぶかもしれないので要注意!

パチパチした音は、小さな水蒸気爆発を起こしている証拠です。

火の粉が飛ぶパチパチ音がしたら、少し距離を取ったり、風下以外の場所に移動するなど、火の粉を浴びないように気をつけましょう

まとめ

キャンプファッションの三箇条

  • 基本的に重ね着をすべし
  • パンツはコットンorウールの天然繊維のパンツを選ぶべし
  • 寒い時の最後の切り札としてダウンジャケットを持っていくべし
男の子
男の子
キャンプ何着て行けばいいんだろう?わかんないし、服持ってないし、組み合わせ考えられない…。

そんな方をフォロー出来ればと思い、この記事を書きました。

あと強いて言うなら、大事すぎる服は着ていかない

キャンプでは「いつ汚れた?」ということがたまにあるので。また、雨降ったりすると泥が跳ねて汚れたりします。

体温調節ができればオッケー。あとは、ファッションは自由なので、好きなもの着ようって感じですね!

それではまた。

じゅんじ

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。