キャンプ

【必要?】アウトドアワゴンの必要性を考える

こんにちは、こんばんは!

じゅんじ
じゅんじ
キャンプブロガーのじゅんじです

【必要?】アウトドアワゴンの必要性を考える

アウトドア、キャンプはいつも荷物がいっぱい。

みなさんどう運んでますか?

手持ちで何往復もしてますか?

特に、乗り入れできないキャンプ場ではアウトドアワゴンは必須

より効率よくキャンプするために、アウトドアワゴンが有るか無いかでずいぶん変わってきます。

それでは早速、アウトドアワゴンの有用性を紐解いてみましょう〜!

 

当記事はこんな方にオススメ!

  • 効率よくキャンプしたい方
  • キャンプの荷物をまとめたい方
  • キャンプの荷物が多い方
  • キャンプ道具の車への積載方法を知りたい方

ぜひ最後までよろしくお願いします🙇‍♂️

アウトドアワゴンが無いと損すること3つ!

結論から言うと、ワゴンは必要す。

理由として、アウトドアワゴンがないと損すること3つ挙げると

  • 運ぶのに時間がかかる
  • 体力を消耗する
  • 何往復もして疲弊する

こんな感じ。

 


キャンプは設営・撤収に時間がある程度かかるものです。

 

キャンプ場に車を乗り入れできるならまだマシですが、

設営の前に、駐車場とサイトを大荷物持って何往復するのは面倒すぎる….

運ぶのに時間を取られて、体も心も消耗してしまいます。

 

キャンプを楽しみに来ているのに、早速疲れてしまっては本末転倒。

だから賢いキャンパーさんたちは、アウトドアワゴンを駆使してるのです。

いかに楽をして準備をできるか?ということはキャンパーの永遠のテーマではないでしょうか!

アウトドアワゴン、選ぶならどれ?

では、実際にみなさんどのようなワゴンを使っているのでしょうか??

早速いくつか見ていきましょう〜!

定番・王道はコールマン!


まず一番人気なのは、コールマンのアウトドアワゴン!
赤色が定番で、実際にキャンプ場でもよく見かけます。

定番の理由は大きさも丁度よく、値段も相応だから

アウトドアワゴンの定番の形なので、お好きなカラーをチョイスするのがオススメ!

赤がアースカラーの中でポイントになってくれますね〜

amazon限定カラーでカーキも!

amazonだけではなく、フリークスストア、ビームスのようなセレクトショップの別注カラーなど、限定カラーが発売されていますよ!

タイヤが太くて悪路もへっちゃら!なクイックキャンプ。

 

View this post on Instagram

 

【GREEN and GOLD 2018 終了しました!】 . ブースに来てくださったお客様、本当にありがとうございました! 実際にQUICKCAMPの商品を見てもらったり、直接お客様とお話したり、本当に充実した2日間でした🙇‍♀️✨ . 今後もたくさんのイベントに出展していきたいと思うので、どうかよろしくお願いします!! そして、インスタをご覧いただいた皆様もありがとうございます!これからもぜひ見てください😁✨ . #クイックキャンプ #quickcamp #グリゴー #greenandgold #秋キャンプ #camp #outdoor #キャンプ #アウトドア #キャンプインフェス #キャンプ #可児 #岐阜 #gifu #🏕 #outdoorgear #キャンプギア #キャリーワゴン #アウトドアワゴン

クイックキャンプさん(@quickcamp.jp)がシェアした投稿 –

クイックキャンプのキャリーワゴンはタイヤが太くてたくましい

メリットは、ガタガタ道や溝にタイヤが挟まりにくくい

デメリットはタイヤが太い分、少し重くなること

ちなみにアウトドアワゴンはほとんどが画像のような収束型(開いたらすぐ使えるタイプ)なのですぐに使えますので安心ですよ。

ちなみに私の愛用はキャンパーズコレクション。

私が使っている、キャンパーズコレクションというキャリーワゴン。

コールマンやクイックキャンプのよりも、深さがあり、幅が少し狭いです。

ブラックがクール!なのと購入の決め手は以下2点。

  • 9,000円を切るコスパ◎
  • 幅が小さく、深いものを探していたから

 

という感じで、他にもDOD、ノルディスク、などなど様々。

正直、アウトドアワゴンのデザインに大きな差は無いです。

大きいか、小さいか、深いか浅いか。色はどうか?重さは?値段は?

お求めのサイズとデザイン、値段が許容ならそれで決めちゃっていいと思いますよ!

アウトドアワゴンを扱うブランドはたくさんあるので、興味がある方は是非ググって吟味してみては?

収納ボックスの代用に!【ただ運ぶだけじゃない】

アウトドアワゴンはただ運ぶだけじゃない。ワゴンを収納ボックス代わりに使うこともできます!

収納ボックスに入れるものを決めるように、ワゴンにいつも入れておくキャンプギアを決めておくのです。

私の場合、

アウトドアワゴンには、細々したものをまとめて収納

  • 小さい収納箱を2段(食器類とLEDライト)
  • エアベッド
  • 空気入れ
  • ホワイトガソリン

を常にアウトドアワゴンにしまっています。

 

そして、キャンプに行く日になったらそキャリーワゴンをそのまま車に詰めこむ!

細々したものはキャリーワゴンに収納したので、他の大きなものたちを車内の余ったスペースにうまく積め込んでいく。

こういう使い方をすることで、キャリーワゴンも大きな収納ボックスと同様の使い方ができます

常に同じものをキャリーワゴンにしまっておくことで、忘れ物防止にもなります

 

収納ボックスのように、キャリーワゴンもただ運ぶだけでなく、収納したまま運べる、まさに一石二鳥のキャンプギアなんです!

 

キャリーワゴンが無いとこうなるよ!【実体験】

私がキャンプを始めたばかりの時は…駐車場とサイトを何往復もしていました。

直接乗り入れできるキャンプ場だったらいいんですが、そうもいかないときは多々あります…

実例を挙げると【キャンプ場レビュー】角渕キャンプ場(群馬県)  に行った時は

サイトから駐車場まで100m以上あるので、2往復…

キャリーワゴンを持ってなかったので、何往復もすることに…

 

という感じで、筋トレ祭りになるのですよ、ワゴンがないと..

荷物が少なければワゴンはなくてもいいかもしれませんが。

デイキャンプでさえも、タープや椅子が必要なのでその時点でも

キャリーワゴンがあればサクッと1回で運べるので最小限の労力ですみます。

じゅんじ
じゅんじ
時間的・体力的にもワゴンに詰め込んで一回で運んでしまうのが正解ですね!

まとめ

アウトドアワゴンはキャンパーには必需品と言うことがお分りいただけたでしょうか?

アウトドアワゴンのメリットは主に以下3つ。

  • 駐車場とサイト間を効率よく荷運び出来る
  • 収納ボックス同様の使い方も可能
  • 時間的・体力的コストを減らせる

車が乗り入れできないキャンプ場はたまにあるので、アウトドアワゴン持っておけばいざ!という時に使えるのでオススメです。

一家に一台アウトドアワゴン。なんつって笑

 

ではでは、アウトドアワゴンを上手く使ってスムーズな搬入・搬出をしてより有意義なキャンプにしましょう〜!

 

じゅんじ

 

 

記事内のオススメはこちら🕺

 

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。