キャンプ

【必要?】アウトドアワゴン(キャリーカート)の必要性を考える

こんばんは。

アウトドア、キャンプはいつも荷物がいっぱい。

みなさんどう運んでますか?

まさか何往復もしてますか?

今回はアウトドアワゴンについてのお話です。

 

【必要?】アウトドアワゴン(キャリーカート)の必要性を考える

結論から言うと、ワゴンは必要です。

あるとめっちゃ助かる!

 

私がキャンプを始めたばかりの時は…

駐車場とサイトを何往復もしていました。

直接乗り入れできるキャンプ場だったらいいんですが、

そうもいかないときは多々ありますので…

 

 

と言うことで、ワゴンが必要な理由を説明いたします!

 

先日行った

【キャンプ場レビュー】角渕キャンプ場(群馬県) 

については

サイトから駐車場まで100mくらいあったり、

※駐車場から写真を撮影、この道の先にサイトがあります。

 

他の例を挙げると、

 

奥多摩にある、

お安くキャンプが出来て人気な氷川キャンプ場については、

駐車場からサイトまで坂道なだけではなく、割と距離があります

※引用ツイートの右上の地図に注目!

 

実際に私が氷川キャンプ場に行った時は

ワゴンを持ってなかったので、何往復もしました!

まじで筋トレ!(笑)

 

 

という感じで、筋トレ祭りになるのですよ、ワゴンがないと..

荷物が少なければワゴンはなくてもいいかもしれませんが。

 

デイキャンプ、1泊〜するだけでも、

タープやコンロなど沢山のキャンプギアを持参することになるので、

 

ワゴンに詰め込んで一発で運んでしまうのが、時間的・体力的にもベターですね!

 

どんなアウトドアワゴンの種類がある?

アウトドアワゴン、キャリーカートとも呼びますね。

実際にみなさんどのようなワゴンを使っているのでしょうか??


まず一番認知なのは、コールマンのキャリーワゴン!
赤色が大定番でキャンプ場でもよく見かけます。

赤がアースカラーの中でポイントになってくれますね

amazon限定カラーでカーキも!

amazonだけではなく、

ワイルドワンやフリークスストア、ビームスのようなセレクトショップの別注カラーなど、限定カラーが発売されていますよ!

 

View this post on Instagram

 

【GREEN and GOLD 2018 終了しました!】 . ブースに来てくださったお客様、本当にありがとうございました! 実際にQUICKCAMPの商品を見てもらったり、直接お客様とお話したり、本当に充実した2日間でした🙇‍♀️✨ . 今後もたくさんのイベントに出展していきたいと思うので、どうかよろしくお願いします!! そして、インスタをご覧いただいた皆様もありがとうございます!これからもぜひ見てください😁✨ . #クイックキャンプ #quickcamp #グリゴー #greenandgold #秋キャンプ #camp #outdoor #キャンプ #アウトドア #キャンプインフェス #キャンプ #可児 #岐阜 #gifu #🏕 #outdoorgear #キャンプギア #キャリーワゴン #アウトドアワゴン

クイックキャンプさん(@quickcamp.jp)がシェアした投稿 –

クイックキャンプのキャリーワゴンはタイヤが太くてたくましい!ガタガタ道や溝にタイヤが挟まりにくく、悪天候に強そうですね。

私が使っている、キャンパーズコレクションというキャリーワゴン。

コールマンなどの形よりも、深さがあり、幅が少し狭くなっています。

ブラックがクールです。

島忠で見かけた時は7,500円だったので形と値段が良くて即決でした!

 

という感じで、他にもDOD、ノルディスク、などなど

キャリーワゴンを扱うブランドはたくさんあるので、興味がある方は是非ぜひググってみて下さい。

 

収納ボックス代わり?キャリーワゴンは運ぶだけじゃない!

ワゴンを収納ボックス代わりに使うこともできます。

収納ボックスに入れるものを決めるように、

ワゴンにいつも入れておくキャンプギアを決めておくのです。

 

私の場合、

キャリーワゴンには、

  • 小さい収納箱を2段(食器類とLEDライト)
  • エアベッド
  • 空気入れ
  • ホワイトガソリン

をいつもキャリーワゴンにしまっています。

 

このキャリーワゴンをキャンプに行く日になったら

そのまま車に詰めこみます。左に寄せてしまい、

他の大きなものたち

  • テント
  • タープ
  • テーブル
  • チェア2つ
  • マット
  • 焚き火台

などをもう片側とキャリーワゴンの下の空間にうまく積め込んでいきます。

 

こういう使い方をすることで、

 

キャリーワゴンも大きな収納ボックスと同様の使い方ができます。

常に同じものをキャリーワゴンにしまっておくことで、忘れ物防止にもなります

 

キャリーワゴンもうまく使えば、ただ運ぶだけでなく、

収納したまま運べる、まさに一石二鳥になりますよ!

 

まとめ

アウトドア/キャリーワゴンはキャンパーには必需品と言うことがお分りいただけたでしょうか?

 

アウトドア/キャリーワゴンのメリットは主に以下3つ。

  • 駐車場とサイト間を効率よく荷運び出来る
  • 収納ボックス同様の使い方も可能
  • 時間的・体力的コストを減らせる

 

もう買わない手はないでしょう?

お財布に余裕があればポチポチっとしちゃいましょう(笑)

 

さあさあ

キャリーワゴンを上手く使い、スムーズな搬入・搬出をして、

より有意義なキャンプにしましょう〜!

 

じゅんじ

 

 

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。