キャンプ

キャンプで着る服と普段着の違いって何?【キャンプで着ていく服に悩んでるあなたへ】

こんにちは、こんばんは!

じゅんじ
じゅんじ
キャンプブロガーのじゅんじです!

今回はキャンプで着る服と普段着の違いって何?って話。

  • 普段着じゃダメなの?
  • キャンプで着る服はそれ専用のものではないとだめなのか?

キャンプ始めたての私にもこのような疑問がありました…

実際私がキャンプを始める前に思ってた事と、キャンプを経験してから思った事を織り交ぜながらご説明しますね!

この記事を読んでわかること✔️

  • キャンプで何を着るべきかわかる
  • 普段着とキャンプ服の違いがわかる
  • キャンプで必要な服のスペックがわかる

ぜひ最後まで宜しくお願いします🙇‍♂️

キャンプで着る服と普段着の違いって何?

早速、結論から話すと

キャンプで着る服と普段着の違いは、機能性の差

こんな言い方だと雑すぎるので、丁寧に説明すると、キャンプするにおいて利便性の高さ・相応のスペックの備わった服ということ。

男の子
男の子
「そりゃそーだよね!」

ってなると思うんで、

早速「そんなのわかってるからその詳しいスペックって何ぞや」

という疑問に答えていきましょう〜!

いざ!

利便性の高さ・相応のスペックの備わった服とは?

冒頭で私がキャンプ服の定義として、キャンプするにおいて利便性の高さ・相応のスペックの備わった服とお伝えしました。

では、利便性の高さ・相応のスペックとは具体的にはどんなものを指すのでしょうか?

具体例を挙げてみましょう!まずは頭から!

帽子

まず頭からということで、帽子は必須アイテム。では、キャンプにおける帽子の相応のスペックとは?

その答えとしては、遮光性と防水機能

どれだけ直射日光を遮ってくれるか?や雨天時や急に雨がパラついた時の防水/撥水機能があるか?ということ。

帽子のスペック、チェックポイント✔️

  • 紫外線対策(UVカット率)
  • 撥水/防水機能

 

「いやいや、そんな帽子持ってないよ!」って方、撥水機能のない帽子でも被らないよりはマシですので、無理に買わなくてもOK🙆‍♂️

ただ、キャンプ場は山間部に多いです。山の天気は変わりやすいので天気予報では晴れでも、急に雨に変わった!なんてこともよくある…

だから

撥水/防水機能のある帽子なら雨でも心強いよ!ということをお伝えしたいのです。

ということで、私のオススメのご紹介。オススメの帽子は、つば広のハットorシェード付きキャップ。

 

こういうつばがあるハットや

こういうシェードがついてる防止のことね!

じゅんじ
じゅんじ
アウトドア慣れしてない人からしたら、シェードハットは少し個性的かもだからハットの方が街でも被りやすいかも。

これらの紹介した帽子は、つばは雨を避け、強い日差しから守ってくれる。シェード付きキャップも同様の効果が期待できます

じゅんじ
じゅんじ
かぶった方が断然快適だよ〜!夏は特にね

関連記事:【夏の帽子】サンキャップが便利でおしゃれ!(シェード付きキャップ)

デザインの好みがありますから、気に入った形の帽子を探してみてください〜

アウター(春、秋、冬)

「アウターなんて秋冬だけ着れば大丈夫」と思った方は要注意!

季節によって変動しますが、山と街では気温が510違う。しかも夜になると更に冷え込むことも。そう、夏でも夜は寒い時も。

夏以外はしっかり暖かいアウターを、夏でも羽織は一応持っていくべき。

イメージとしては、いつもの服装に+αでもう1枚持っていくのがベター。冬はニットやフリースもう1枚持って行ったり、夏でもシャツを羽織るとかね。

 

では、キャンプにおけるアウターの相応のスペックとは?

アウターのスペック、チェックポイント✔️

  • 十分に温かいもの
  • 透湿性がある
  • 防水or撥水性能がある

まず十分に温かいものを選ぶこと。暑かったら脱げばいいだけの話だから、薄いよりは厚めのしっかりしたアウターを。

次に透湿性。キャンプってテント張ったりとか設営、撤収して暑かったり、雨が降ってきてジメジメして汗もジワリ。読んで字の通り、湿度を透過させてくれる=アウター内の湿度を外に逃してくれるってこと。

じゅんじ
じゅんじ
その透湿性が優れていれば快適に!雨の日、梅雨時期は特にね

また、アウトドア的には防水/撥水機能はマストなのでアウターも防水/撥水機能付きのものを選んでみて

例えば、透湿性と防水性を兼ね備えたゴアテックスのアウターを選ぶのもいいかも。

ただ、ゴアテックスは化繊なので焚き火の火の粉が付いたら焦げたりすぐ穴が開いてしまいます

じゅんじ
じゅんじ
補足だけど、化繊の生地(ポリエステル・ナイロン・ゴアテックスも化繊!)は石油の成分から出来ているから火と相性が良くて燃えやすいんだよ

正直なところ、雨の日めがけてキャンプしに行く人は多くないから、ゴアテックスほどの機能は無くても、撥水だけでいいかも。

化繊以外で選ぶなら、コットン生地に撥水コーティングを施してある、オイルド加工・パラフィン加工されたアウターも選択肢としてはアリ。

ただオイルド・パラフィン加工されたものは重いのと少しゴワつくから、好みが分かれるかもしれません。

例えば、FILSON(フィルソン)の定番ジャケットであるTIN CLOTH FIELD JACKET

キャンバスにオイルを染み込ませ、防風・防水を目的に作られています。

そう、コットン生地を勧める理由は火の粉に強いから

要するに、コットン生地にオイルド・パラフィン加工等の撥水処理されたプロダクトは、火にも雨にも強くてキャンパーや冒険家に人気なんです。

軽さや防水性、動きやすさは化繊アウターに見られるハイテク素材には敵わないですが、着込む程に増すクラシックな雰囲気が粋

FILSONのジャケット

この上に着てるfilsonのtin jacketは古着で購入。もちろん今でも現役です!

キャンプでのオススメアウター2

  • 暖かいゴアテックスのアウター
  • パラフィン加工等の撥水処理されたコットン製のアウター

 

軽くて防水性の高い化繊アウターor少し重くてゴワつくけど、火に強いコットンのアウターを選ぶか、これらが私的2大アウターです。

防水性や重さなど機能はもちろん大事だけど、見た目のデザインも外せないところ。

これからアウターを検討する方は、何を優先するのか、お値段も合わせて吟味しましょう。

スニーカー・ブーツ

しつこいかもだけど、アウトドア的には防水性はマスト(ないよりあった方がいい!)だから、靴も防水が好ましい。先にも挙げたゴアテックスだったりね。

 

ただ、選ぶときの注意点があります。

それはハイカットのスニーカーやブーツを選ぶこと。

なぜなら履き口の位置が高いと中に履いてる靴下が濡れづらいから

防水の靴でも履き口から濡れてしまっては本末転倒ですもんね。

スニーカー・のスペック、チェックポイント✔️

  • 防水/撥水性能がある
  • くるぶしが隠れるハイカット
男の子
男の子
濡れにくいのはいいけど、ハイカットのスニーカーとかブーツって脱ぎ履きしづらいんじゃない?

そう、それも正直あります。確かにキャンプで設営するときにテントの中に入ることもありますね…

ただ解決方法は簡単で、ハイカットのスニーカーやブーツの紐を緩めれば簡単に脱ぎ履きができる。

じゅんじ
じゅんじ
シンプルなことだけど、結構大事ね

まあ、雨が降らなければハイカットではなく、ローカットの靴でも全く問題ないですけど笑

なので、これからキャンプ始める方の最初の1足目はハイカット2足目はローカットがおススメ。

ダナーフィールドは割と価格も良心的なのにコスパ高いです。

スニーカーだとクイックレースがあるサロモンがオススメ。脱ぎ履きはとにかくしやすくて、スリッポン使いが出来ます。

私は大体ダナーのブーツ(ハイカット)履いてますが、ローカットも天気や気分で使い分けしてます!

関連記事:【靴磨き】ダナーフィールドの手入れ方法

関連記事:【salomon】サロモンシューズはキャンプで便利すぎる件

【参考までに】私のコーディネート実例

ここで、「じゃあ当ブログの筆者じゅんじさんはどんな服でキャンプ行ってるの?」ってことを写真を交えて紹介させて頂きます。

オートキャンプ(5月/12~24℃/晴れの日)

冬のキャンプコーディネート

5月でも朝と夕方は肌寒くて、夜は普通に寒い。

古着のダウンジャケット、中はフリース、タートルニット、ヒートテック。パンツはsouth2west8のブッシュパンツ。足元はダナー。

デイキャンプ(6/26/晴れの日)

キャンオプのコーディネートデイキャンプはほぼ普段着の少し延長

この日は晴れで日差しを和らげるのと、川があるので一応ブーツ履いてます。

リネンの白シャツ、ユニクロのTシャツデニム、ダナーのブーツ

オートキャンプ(8月/28~32/晴れの日)

夏のキャンプのコーディネート濡れてる写真ですみません笑

この日は川にちょっと入ろうと思って、白T、ヘリーハンセンの水陸両用ショーツ、mon-bellのソックオンサンダル

昼に川で涼んで、遊んで、濡れて…

風邪をひいてしまうのでこの後すぐ着替え…

川に入らなくても、汗をかき、汗冷えすると良くないので、特に夏は着替えは多めに持っていくと良いですよー

オートキャンプ(8月/25~30/雨の日)

雨の日のキャンプのコーディネート1泊2日のオートキャンプ。

この時は、8月で25~32℃ありましたが、日焼けと虫刺されのことを考えて一応長袖長ズボン。靴は安定のダナーフィールド 。

トップスに着てるカーキのパーカーはsnowpeakのインセクトシールドパーカーというもので、防虫効果がありつつもメッシュ素材なので、夏でも涼しく着用可能

パンツはリネンのパンツなんで案外暑くないです。

足元のダナーフィールドはゴアテックスなので雨もへっちゃら。

雨は小雨でしたのでフード被ればOK!

ちなみに、虫はあまりいませんでした@ウェルキャンプ西丹沢

スノーピークのインセクトシールドパーカーは着てるだけで今まで蚊に刺されたことはない!洗濯しても、虫除け効果抜群。

オートキャンプ(12月/-2~12/晴れの日)

12月のキャンプ服コーディネート冬のキャンプはとにかく寒い!昼でも寒いし、夜はかなり寒くてじっとしてられない!

south2west8のハット、The North Faceのフリース、中はウールのタートルネック、インナーはzozoheatコットン。

パンツは古着のウールハンティングパンツ、中にヒートテックスパッツ履いてます。足元はダナー。

もっと寒くなったら上にダウンジャケット着る。極め付けは焚き火暖まるに尽きます…

 

イメージとしては寒くなるほど、コットン・リネン→ウールに切り替えてます。

イケてるキャンプ服はsnowpeakで!

ここでキャンプで着れて、カッコよくて、可愛くて、シンプルで、普段着にも合わせられる服!欲しい!って思うじゃないすか!

それに全力で応えてくれるのはスノーピーク。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Snow Peak Apparel 2019 Autumn & Winter ” TAKIBI Jacket ” Fire & Water Resistance NOASOBI embrace your nature

Snow Peak Apparelさん(@snowpeak_apparel)がシェアした投稿 –

アウター類はそれなりに値段が張りますが、シャツやフリース、ワンピース類はそこまで高くないのが僕の印象です。

ルックもカッコいいので気になった方は是非見てみてください。

是非に!

【コスパ◎】インナーとフリースはユニクロでいいかもしれん。

やはりコスパを考えると、UNIQLO最強

特にヒートテックとフリースに関してはUNIQLOで良いかもしれない。とにかく安いし、品質もまあまあ

UNIQLOのオリジナルのフリース、良いですよね。安いし色も豊富。3000円もしないですし。

 

Engineered Garments

Engineered Garments MEN

最近だとEnginnerd garmentsとUNIQLO Uのコラボのフリースが発売(2019.10月)して人気の理由がわかります。価格とデザイン的にもアリですね!

どちらもカッコ良さそうですが、個人的にはプルオーバータイプなら厚み的にもインナー使いもできるので良いかと。

やっぱアウトドアブランドの信頼は厚い

インナーやフリースはUNIQLOで事足りる!なんて言いました。

だけど、なんだかんだ、アウトドアブランド着る方がテンションは上がる⤴︎

服好きならわかってくれるだろうよ!

UNIQLOと比較する気はないですが、アウトドアブランドは機能もさながらデザインもやはりカッコいい

例えば、

icebreakerインナー

インナーはウール100%で肌触りも良いicebreaker ウールの特徴である吸放湿性がドライに保ってくれる

インナーといえど一枚で着ても様になるシルエットとウール生地の光沢感。写真では伝わりにくいですが。肌に直で触れるものだから1枚試しで買ったのですが、正解でした◎

 

キャンプ服のコーディネート

またフリースは軽く、温かく、シルエットが良いThe North Faceフリースの紹介シンプルだから中間着でも、アウターでも着用可能。両肘はナイロン素材で切り替えされ摩耗にも耐えうる。実用性とデザインを考えられたノースフェイス定番のフリース。

 

という感じで、ちょっとカッコよく書きましたが、色々調べ始めたらキリがないです、ほんと。

そして集め始めたら出費半端ないので、「これは買ってもいいかな?」というものがあったら買う、くらいのスタンスです。僕は。

まとめ

キャンプ場正直なところ、日常生活で着てる服でキャンプに行くのでさほど問題はありません

キャンプ用の服で全身固めなきゃ行けないとか全然ないし、買ったらそれなりに出費だし…

僕が何を伝えたいかって、

キャンプに着ていく服がどうこうとか、そんなことよりも持ってる服をどうコーディネートして着ていくかが大事

どうしても足りないものを買えばいいそれだけ。ハマったら、その情熱をもって、突き進めばいいんです。笑

とにかく一回キャンプに行ってみて、色んな失敗から、必要なものが分かってくるはず。

「すごい濡れちゃったからポンチョ? 雨具が必要だ…」とか他のキャンパーさんを見て「あれ着てたらめっちゃ暖かそう」とかね。

キャンプ服って 撥水、防水、透湿、防虫耐火、とか色んな機能美をまとえる。野外でそれを着て一夜を過ごすことで、機能の意義を実感できる素晴らしさがキャンプにはある

ただ街でオーバースペックの服を着て自己満するんじゃなくって、

リサイクルショップで買った2000円のダウンジャケットを着て、寒い夜にその暖かさに感動できるんです。キャンプでなら。

 

話を戻しますが、必要以上に服を買う必要はありません。好きなら買えばいい、ただそれだけです。

キャンプに行くんだから、純粋にキャンプを楽しむだけ。その為の服。たかがされどな話ですね。今回はこんなに長くなってしまいました。

「キャンプで何着たらいいの?」

その答えになれば幸いです🙇‍♂️

 

じゅんじ

 

 

記事内のおススメまとめ

 

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。