キャンプ

【いくらかかる?】冬キャンプにはお金がかかる問題

こんばんは。

冬キャンプしたい!

 

と思って行こう!と行く気満々だった私だったのですが、

いろいろと計算してみたら、それなりにお金がかかるなということが判明。

 

幾つかのポイントでまとめてみますのでご参考までに。

 

車のタイヤを冬用のスタッドレスタイヤにチェンジ

スタッドレスタイヤ, プロファイル, トレッド

寒いと今まで必要でなかったものが必須項目になってきます。

まず、車のタイヤをスタッドレスに交換すること。

ざっくりな概算だと、

軽自動車でホイール付きタイヤ1本6000円×4本なので、2.5万円〜の出費です。

一般者だとそれ以上はしますね。

なんでもそうですが、タイヤの値段もピンキリなので各メーカーや販売所をチェックです。

 

車でキャンプに行くのに、冬になると雪が降ったり、

気温が氷点下をマークして路面が凍結したり。

 

家に帰り着くまでが旅行と言いますよね。

 

なので家からキャンプ場まで行きと帰り、

道中も安全に移動するために車のタイヤを冬仕様に衣替えしなければならないですね。

 

命に変えられるものはないですから重大です。

長野や新潟、群馬など寒い地域のキャンプ場でなくても、準備はしすぎるくらいが安全ですよ。

 

冬には変わりがないので、スノボやキャンプに行く方は絶対にスタッドレスタイヤは用意しておきましょう。

 

ストーブがあると心強い

キャンプ, 火, キャンプファイヤー, パン, ソーセージ, ストーブ

冬キャンプは山の中です。

冬ってだけで寒いですが、キャンプ場は山奥。

山の中は天気も変わりやすいのもありますが、気温が寒いこと、寒いこと!

 

焚火でもいいですが、ストーブの導入も考えてみては?

いやあとはいえ、

ストーブを導入するとなるとやはり煙突つけられるテントが欲しくなっちゃいますからね…

 

ストーブはまだ初心者キャンパーには手が出づらいし、

何を買えばいいのかわからないですよね(僕含め..)

 

石油ストーブが有力か?

ストーブ, 冬のストーブ, トヨトミストーブ, 暖房器具, 暖房, 石油ストーブ

重くて持ち運びが大変ですが、石油ストーブがいいかな?なんて思ってます。

 

石油ストーブはガスヒーターよりも暖かくなりやすく、広範囲を温めることができます

石油ストーブの上にものを乗せれるものだと、

上にフライパンやヤカンをおいて簡単な料理をしたり、お湯を沸かしたりできます。

 

なので単に温まるだけでなく、様々な用途としても使える石油ストーブを検討中でございます…

 

ピンキリですが値段は1.5万〜というところですかね。

 

防寒アイテム買い足し必須

前に防寒についての記事を書きましたが、重要なので何度も言いますね〜

【冬キャンプ】防寒対策で大切な5つのこと

 

防寒アイテムをあげてみよう!

  • ダウンジャケット
  • インナーダウン
  • マフラー、ネックウォーマー
  • 帽子
  • 靴下
  • 発熱インナー(ZOZOHEAT など)
  • 湯たんぽ
  • ブランケット
  • ブーツ
  • 耳当て
  • 焚火台、薪
  • カイロ

 

これ以外も多くの防寒グッズがありますがパッと思いついただけあげてみました。

どうですか?これらを全部買う必要もないですが、

これだけ見ても買い足す必要があるものって結構ありますよね。

 

さすがにダウンジャケットはお値段張ると思いますが、リーズナブルなインナーダウンならゲットしやすいのでは?

サイズの合ったインナーダウン着用で高いアウターを買わなくても済んでしまうこともあると思います。

 

発熱インナーや靴下、インナーダウンはそれほど高くはないので、1万あれば揃うのでは?

 

とはいえ、ちょこちょこ買っているとちりつもでお金はかさむものです。

今持ってるものも有効に使いつつ、少し買い足すという感じですね。

 

キャンプなので汚れますから、いっその事リサイクルショップで古着を買うのもアリだと思います。→【何着てく?】キャンプは適当な服で行こう!

 

必要な防寒グッズは余裕を持って買って準備しておくべきです。

ギリギリになって妥協で買い物すると後々後悔しますからね〜

 

山の寒さにしっかり対策して、寒い思いを回避して快適な冬キャンプをメイクしましょう!

 

まとめ

  • 車のタイヤをスタッドレスに替える
  • ストーブの導入を検討
  • 防寒グッズの再チェック

今回、要点を3つで述べてみました。

冬キャンプ未経験の方は

  • スタッドレス 2〜4万
  • ストーブ 1.5万〜
  • 防寒グッズ 1万〜

 

ざっと5万ほど冬キャンプ対策費として見ておけばかなり快適にキャンプができるんじゃないかと考えたりしてます。

 

さあ、こんな説明してる私もまだ冬キャンプは全然できてないので、お財布と相談しつつ

できる時に冬キャンプ経験値をあげていけたらなと思ってます。

 

それでは

 

 

 

じゅんじ

 

 

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。