キャンプ

紅葉台キャンプ場レビュー

こんにちは、こんばんは!

じゅんじ
じゅんじ
キャンプブロガーのじゅんじです

今回は、山梨県富士五湖エリアにある紅葉台キャンプ場のレビュー。

富士五湖エリアは、人気のキャンプ場が非常に多く、ゆるキャンでお馴染み洪庵キャンプ場を始め、西湖キャンプ場、精進湖自由キャンプ場など多数あります。

人気の理由としては、まず都内からのアクセスが比較的に良いです。そして富士山や湖畔を目前に景観も良く、湖で夏はSUP、通年を通してボートやカヌーなどアクティビティを楽しめるのも富士五湖の醍醐味。

だから何度行っても飽きないから、富士五湖エリアによく行かれる方もいるのではないでしょうか?

私も富士五湖エリアのキャンプ場に何度か足を運び、その中で特にオススメしたいキャンプ場が西湖沿いに位置する紅葉台キャンプ場です。

これから富士五湖エリアでなんかいいキャンプ場ないかな?とお探しの方はぜひ参考にして見てください。

紅葉台までのアクセス

 

 

 

紅葉台キャンプ場は富士吉田ICを出てから下道で約30分。

テントサイト

テントサイトの西湖側。道路を挟みますが、西湖を眺めるサイトが4〜6つあります。

湖畔に面したサイトの後ろには少し開けた部分があり、その後ろに段々になってサイトが続きます。

一段あがったサイト。1サイトがかなり広く、スノーピークのリビングシェル2つと車がギリギリ駐車できるサイズ。

コロナの影響もあり間引きされているとのことなので、この広さがデフォルトかは分かり兼ねます。

キャンプサイト(場所)は予約した先着順で決めることは出来ません。スタッフの方に伺ったところ、紅葉台キャンプ場の運営側で当日の予約状況や各サイトの予約人数に応じて割り振るとのこと。

私は紅葉台を2回利用させて頂いたのですが、早く到着して、数カ所サイトが空いていたこともあり「ここでも大丈夫ですので、どちらか決まったら教えて下さいね」というように融通を効かせて頂いたことがあります。

ただ、原則的には自動的に振り分けられるので、サイトの場所を選べないのはデメリットかもしれません。

しかし、どのサイトであってもトイレがすごく遠いなど、不便を感じない(トイレ、炊事場が少し遠くて面倒など個人差あり)ので、そこまで心配しなくて良いかと思います。

わたしはあまり気になりませんでした。

 

乗り入れ可能

紅葉台は車やバイクでの乗り入れ可能

サイトにの中に入れる、近くに横付けして邪魔にならぬように駐車しました。

地面は芝だが、ペグは刺しにくい

紅葉台は地面に石が多く埋まっていて。30センチペグだと確実に地面の中の石に干渉します…。

なので、スノーピークのソリッドステークスなどの丈夫な真鍮ペグが無難です。

ちなみに、ペグを刺す時に地中の石にぶつかってしまうので、スノーピークのパイルドライバーのような、地面に打ちつけるランタンスタンドも真っ直ぐ設営するのは難しかったです。上の画像は20センチくらい刺して設営しました。

捨て場

炭捨て場には、多少の燃え残りも入れていいとのこと。私が冷めたを炭を捨てるときに、ドラム缶の中に燃え途中の薪が入ってました。

炊事場

炊事場はテントエリアとバンガローエリアの中間地点にあり、どこからもアクセスもよく、蛇口も沢山あります。お湯は出ません。

バンガロー

炊事場の横にはバンガローエリアがあります。バンガローに横付けできない場合はこの広場に駐車。

レンタルボートできる!

紅葉台キャンプ場は道を挟んですぐ西湖があるので、レンタルボートで遊ぶことができます。

料金もかなりお手頃で1時間1300円〜。朝早い時間から17時までレンタル可能。写真は曇りでしたが、天気がいい日にのんびりカヌーに乗るのもまた違って良さそうです。

60年以上愛され続ける紅葉台

紅葉台キャンプ場は昭和31年から営業されていて、皆様に愛されています。

営業開始から60年以上皆様に愛されている理由として「管理人さんのホスピタリティ」「管理が行き届いていること」の2つが挙げられるのではないでしょうか。

まず、キャンプ場に到着して、受付時にはスタッフの方がお茶を出してくださいます。

その後はサクッとキャンプ場とサイトを案内して頂き、「ここか、若しくはあちらのサイト、どっちでもいいですよ」と選ばせて頂いたのも管理人さんの優しさを感じました。

また、実際に私は紅葉台を2回利用させて頂きましたが、トイレや管理棟、キャンプサイト、どこを見ても綺麗でした。

※今まで高規格なキャンプ場なども行ってきましたが、私が今まで行ってきたなかでも最も綺麗でした。(本当に)

なぜならトイレ、炊事場の水廻りが綺麗だと思ったからです。

皆さんキャンプ場よ炊事場の排水口が細かい生ゴミで詰まっているのをよく見ませんか? 私は結構目にします。

炊事場を利用する我々キャンパーが、洗い物をした後の細かい生ゴミが出たら、取り除いてゴミとしてまとめて捨てるのが暗黙ルールではありますが、全員がそうしてくれるとは限りません。

ルールが緩くなってしまい、その蓄積が炊事場の排水口詰まりや汚れを発生させてしまいます。

大体の人気のキャンプ場なんかの炊事場は、夕食後の片付けの時間帯になると、炊事場か汚くなったり、酷い時は排水口詰まりで水が溜まっていたりするのをよく目にします。

しかし紅葉台では、そんなことは一切ありませんでした。

トイレは綺麗ですし、トイレに行く時に炊事場を通過する時にチラっと炊事場を見ても、汚さはありませんでした。

特に驚いたのは、18時頃トイレに行った時に、1箇所トイレの便器の詰まりが見受けられましたが、21時に再度トイレに行った時には綺麗になっていたり、特に、朝5時にトイレに行った時には、スタッフの方が掃除をされていたこと。

帰り際にスタッフの方に「とても綺麗ですね!」と言ったら「ありがとうね!掃除しかしてないよ!笑」と言われ、キャンプ場の掃除をはじめ、その他諸々の管理の大変さ、しいては企業努力を垣間見た感じがして、なんだかしみじみしてしまいました…。

また気軽に来たいなあ、と心の底から思えるキャンプ場です。

買い出しはマックスバリュ富士河口湖店で

近隣のスーパーは、富士吉田ICを降りて、下道で5分程のところにあるマックスバリュ富士河口湖店が朝7時オープンなので、早朝から買い物を済ませることができます。

マックスバリュの場所は富士吉田ICを降りて、紅葉台の方角へ進むので、導線も良し。紅葉台然り、富士五湖エリアのキャンプ場に行く前には、このマックスバリュに必ず寄る!という方も多いはず。(実際にスーパーの中はアウトドアコーデの方が多いですよ)

じゅんじ
じゅんじ
キャンパーさんにお馴染みのマックスバリュ富士河口湖店!

マックスバリュ富士河口湖店は店内もかなり広く品揃えも豊富なので、特殊な食材以外であれば大体揃うでしょう。

ちなみに、隣に薬局や100均もあるので、朝早過ぎる時間でなければついでの買い物も出来ちゃいます。

まとめ

紅葉台キャンプ場はトイレや炊事場は綺麗、バンガロー、テントサイトもあり、西湖を目前に景観もよく、SUPやボートなどのアクティビティも楽しめます。

テントサイトも1張1泊1500円、大人1泊1000円とリーズナブルで、大変魅力的。

富士五湖周辺のキャンプ場をお探しの方に是非オススメな紅葉台キャンプ場でした。

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。