キャンプ

【強行手段】DIYで余った木材は焚火で二次活用しよう!

こんばんは。

キャンプに使える?かもしれない話。

 

話というか考えてることですね。聞いてください。

 

個人的な話、私おそらくそのうち引越しをするので、めちゃ部屋の片付けをしています。

 

どのくらいかというと…

 

img_9849.png

収納にあった手つかずのものたち。

 

手付かずってことは不要物ってことなんですよ。

 

そう溜め込んでるだけ。

全部捨てて仕舞えばいいんです。

 

過去の大学の作品まで捨てました。まあ一応写真だけ撮って捨てますよね。

 

まあ前置きはこの辺にしといて、本題を

 

DIYで余った木材の処分問題

そう、シティボーイの諸君、一人暮らしではDIYをするだろう?

きっと半分くらいは多少のDIYをして自分の部屋をいじってるはず。

 

img_9863.png

私の部屋のDIYは壁です。

 

壁にビスを打ち付けたり、ものを引っ掛けたりするために壁を作ってます。

 

作り方はドがつく適当さ。まあぱっと見は綺麗なんでいいっすよね。

 

赤枠でマークした部分の壁。ちなみに左右も少しあります。

img_9864.png

コの字型に木で骨組みを作り、その骨組みにベニヤを打ち付けるだけ。

 

めっちゃ簡単。

 

なんですが、、冒頭に述べたように引越し準備のためにこの壁を取っ払いたい…

 

壁がデカすぎて処分どうしようと言ったところ。

木材はそんなに高くないから引越し先まで移動するまでもないし、

引越し先で必要になっても、部屋の間取りも違うから状況が違うわけで…

 

それに、粗大ゴミに出してもお金かかるのバカらしい

 

そういう感じでいろいろ考えたわけです。

 

そうだ!焚火の燃料に二次活用だ!

パッとひらめいたこと。

タイトルでネタバレしてますが、焚火の薪として使ってしまえ!ということ。

 

焚火用に売ってる薪って束で売ってるイメージが強くて、この発想が最初まったく思いつかなかったんですね〜

なんでこんな当たり前の発想を気づかなかったのか…

 

日常的にやってることでも疑う心を持つべきですね。

 

教訓っすわ!

 

 

いや〜

 

 

それにしても木材が大量や。

 

大量バトニング

からのそこから生まれる大量の燃料

 

まあ1泊キャンプ2、3回分以上の量はあるだろうな。

 

バトニングといえば思い出した、以前購入したモーラナイフがあるじゃないかと!

【購入品】キャンプの定番といえば!なナイフ

 

 

img_9313.jpg

 

えいえい!どんどん木をバコバコ投入しちゃいたい。

寒い季節だしたくさん消費するであろう、薪。

たくさんバトニングろう!たくさん燃やそう!

 

 

まとめ

img_9865.jpg

DIYから出た余った木材は焚火に使って消費しようという結論でございます。

薪買わなくてすみますもんね、木材の二次活用です。

 

二次活用って言葉好きですわ。

単純な思考ですけど、なんでも二次活用できないか考えちゃうな〜

 

当たり前な注意ですが、

街中で勝手に燃やすことは禁止されているので、きちんと所定の場所で焚火は行いましょうね。

 

 

とりあえず壁を解体するところから地味に取り掛かりたいと思います..

 

 

 

クバ

 

 

 

 

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。