ライフスタイル

【夏の帽子】サンキャップが便利でおしゃれ!(シェード付きキャップ)

こんにちは、こんばんは!

キャンプブロガーのじゅんじです。

今回は、夏のキャップにサンキャップがオススメ!という内容です。

 

唐突な私の写真で申し訳ないのですが

このサンキャップの購入後、何度か使用してみて

「全然焼けないじゃん!」

と感動したので、皆さんにシェアしたいなと思い記事を書く次第でございます。

 

✍️当記事はこんな方にオススメ

  • 日焼けしたくない方
  • 人と被らない帽子を探している方
  • キャンプ・フェス・ガーデニングが趣味の方

 

どうぞ最後までお付き合いくださいませ🙇‍♂️

夏のキャップ!サンキャップとは?【シェード付きキャップ・ハット】

サンキャップとは?

首筋を守るシェード付きのキャップのこと。日を避けられることから「サンキャップ」とも呼ばれる

例を挙げると

こういったもの。

たまに街で見たことある方もいるのではないでしょうか。

(※以下、サンキャップと記載)

サンキャップは、ランニングや登山用、農業用として各メーカーから販売されています。

サンキャップを被ると直接日光を避けられる!

サンキャップの形によりますが

頭から首元まで直接日光を避けられることが最大のメリットです。

男の子
男の子
シェードがあるから、中に熱がこもって暑いんじゃない?
じゅんじ
じゅんじ
顔面までシェードで覆われてないから熱がこもることはないよ!むしろシェードが直射日光の熱を遮ってくれるんだ

シェードが直射日光を遮ってくれるから暑くなりにくいのです。

つまり体感温度が下がって涼しく感じるということ!

そして、日除けができるということは熱中症予防にもなるのです。

 

✍️サンキャップのメリット

  • 直射日光を避け、体感温度を下げる
  • 日焼け防止
  • 熱中症を予防

 

つばのあるキャップや帽子でも、首までは守ってくれない…

 

例年、真夏〜10月中旬迄は残暑で25度超えで暑さってしぶといですよね

暑さが厳しい時期は、やはりシェードがあると心強い!

夏用の薄い素材がオススメ

では、サンキャップ検討する時はどのような素材を選べば良いのでしょうか?

 

特に、真夏は35度を超える猛暑日はとても暑い。

そして雨が降ったら湿度が高くジメジメ。

男の子
男の子
シェードの中に熱がこもらないとはいえ、真夏は素材が薄いタイプがいいの?
じゅんじ
じゅんじ
そうね、確かに真夏に関しては薄い生地やメッシュがオススメだよ!

 

じゅんじ
じゅんじ
だけど、真夏以外も使えるのは、やっぱり通年通して使いやすい素材だと思うな〜

 

✍️サンキャップを選ぶ時のポイント

  • 真夏は通気性が良いものを選ぶのがベスト
  • 真夏以外は通年使える素材で良い(見た目の問題)

 

 

ノースフェイスのランシールドキャップは、本来ランニング用。

シェード部分がメッシュタイプ。

※こちらはシェード取り外し不可能。

 

サンシールドキャップは、あくまで日除けなので、シェード部分はメッシュではなく、ナイロン100%生地。

※こちらはシェード取り外し可能。

 

ちなみに私が持っているものも、通年向けのナイロン100%です!

 

正直好みの問題なのと、季節感を気にするかどうか?ですね。

 

サンキャップを選ぶ際は、シェードの取り外しできるかどうか、確認してみてください!

サンキャップは人と被らない、おしゃれアイテム!コーディネートはどうする?

一見、農家や本格的にランニングしてる人に見えてしまう可能性もあるサンキャップ。

どんなコーディネートをすればいいのかわからない!なんて方もいるのではないでしょうか。

 

じゅんじ
じゅんじ
私も使う前までどうコーディネートしたらいいのかな〜?

 

なんてずっと考えてました。笑

 

そこで、私のコーディネートが参考になればイイなと思い、載せてみます😉

 

  • cap        /meanswhile
  • inner      /snowpeak
  • tops       /vintage
  • bottoms /used
  • shoese   /monbell

 

サンキャップはシェードが付いていて、ボリュームがあります。

なのでトップスかボトムス、どちらかをゆったりさせるのがポイントです。

帽子にボリュームがあるので、トップスのsnowpeakのインセクトシールドパーカー(L)サイズをゆる〜く着てます。

ボトムスとシューズはグルカショーツとサンダルでスッキリさせました!

 

どこかをゆるめにしてコーデを組めば、サンキャップはなんでもハマると思います。

 

ファッションはどう着るか考えるのが楽しいですよね!

じゅんじ
じゅんじ
自由にいきましょ!

まとめ。サンキャップは最大限の日除けの帽子!

いかがでしたか?

 

サンキャップのメリット

  • 簡単に日除け・熱中症対策ができる
  • 日焼け止めを頻繁に塗り直さなくても良い
  • 人と被らないおしゃれアイテム

 

サンキャップのデメリット

  • コーディネートしにくい

 

正直デメリットがあまり見つかりませんでした笑

被り慣れるまでは、見慣れなくてコーディネートしずらかったり、恥ずかしいかもしれません。

 

しかし、被るだけで簡単に日除け・熱中症対策ができる。

そして、人とあまり被らない。最大限の日除けの帽子だと思います。

 

 

余談ですが、

 

6月の頂フェスでキャップ2日間使ってました!

6月初旬で昼は28度…そこそこ暑かったです。

顔〜首は焼けませんでしたが、わかりやすくサンダル焼けしました…

 

日焼け止めの塗り直しを繰り返しても焼けるのですから

日焼けしたくないなら、服や小物を身につけるべきという学びです。

 

サンキャップ、お探しだったかたは是非〜!

 

 

じゅんじ

 

記事内でご紹介したサンキャップはこちら

 

 

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。