ライフスタイル

【期待】VRはまだまだこれからな件

こんばんは。

パソコンが壊れて萎えております。

もう仕事納めの人も結構いるとのことで、

おめでとうございます㊗️

良いお年を!ということでーー、

とりあえずブログを毎日書き続けるという筋トレ的なトレーニングを私はしてるわけですな

今日の内容は少しこんなことも話していいかなと。

これからの技術のこと。

VRはまだまだこれからな件です。

VR(バーチャルリアリティ)はコストが高すぎる

VRが高すぎる!と思ったきっかけがありまして。

会社で消火訓練があるんです、定期的に。

メーカーで、規模がある程度ある会社はやらなくてはならない規定があるらしく、

防災訓練と称してやるんですが

が!駆り出されるのはいつも〜3年目までの若手。

3年目でなくても若者が駆り出されるのです。

だいたいやり方は覚えてはいますが、

きっと本番になってら消火栓あけて、管を伸ばして整える、なんて恐らくできない。

じゃあどうすれば?って思ったときに

VRで消火訓練やれば超積極的にやるのでは?

と思ったのです。

バーチャルリアリティでも勤務先の会社が火事で燃えていたら…w

想像したらワクワクしちゃいますね〜(笑)

縁起でもない話ですが。

でもVRだからできること。

調べてみたらあったんです!

VR消火訓練

MX mobiling という会社がVR消火訓練の一式をレンタルしていました。

ビジネスにおけるソリューション提供や携帯の販売代理店を行う会社ですね。

MXmobiling / VR消火訓練

標準レンタルは〜4日間で9万からだそう。

200万〜のお値段で、会社の設備を撮影してバーチャルリアリティに組み込んでくれると記載ありました。

え、200万?!

高くね?

と思ったのですよ、当然ですが。

バーチャルリアリティでもまだ体験したことがない人がほとんどでまだ市民権は得れてないと思います。

私もやったことないですから…

でも消火訓練がバーチャルリアリティでできて、

自分の勤務してる会社が燃えてたら割と興奮すると思うんです(笑)

笑い事ではないけど笑ってしまいますね。

バーチャルリアリティの未来はすぐそこに。

そうはいっても、今は高額でしかバーチャルリアリティをレンタル出来ないですが、

20年後私たちがおじさんおばさんになった時には

その時の小学生たちにはバーチャルリアリティでの消火訓練が当たり前になってるかもしれません。

しれませんというより、想像以上にテクノロジーのイノベーションの速度は早いので

必ずそうなるはずです。

もはやGAFAのような帝国企業が作るプロダクトやサービスが、

日本を含む世界中で主力で使われています。

当然ながら、日本製品はオワコン化していて、今では外国のテクノロジーや製品がありふれた世の中です。

ですから、もっと海外のテクノロジー情報に触れながら生活していくことで、

新しい情報を取り入れられますね。

VRだけでなく、様々なサービスやモビリティを学ばないと情弱になってゆきます。

当然、情報化社会ですから情弱では損をする世の中です。

日々勉強しろということですね。

話を戻しまして、

バーチャルリアリティに関してはまだコスパが悪く思えますが、

これからだんだんと世の中に浸透して、

コストも安くなり広まっていくことでしょう。

テクノロジーを学ぶことで未来が早くこないかな?とワクワクしてきますから興味深い分野です。

バーチャルリアリティがまだまだこれから、

でありますが、それに限ったことではないようです。

じゅんじ

ABOUT ME
じゅんじ
当サイトは、キャンプ愛する男、じゅんじが運営するブログです。 記事内容は主にキャンプです。どうぞ気軽に遊びに来てください^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。